祝花に選ぶなら胡蝶蘭という種類の花が長持ちします

蘭の花は、お祝いの際に贈られる花鉢のことです。主に開店祝いや公演祝い、発表会などに用いられます。テレビ番組のゲストの出演祝いに並んでいる物を見たことがある方もいるでしょう。

昔は花輪が使用されていましたが、金額もサイズも大きくなってしまうため、最近はスタンド花が多くなっています。

蘭の中でも胡蝶蘭は最も高級感があり、遠目にも目立ちます。かつ、華やかな花がいつまでもさいているため、店舗のオープンや舞台公演をお祝いする花として人気があります。

一方で、その豪華さから、芸能人や経営者などが贈る高価なフラワーギフトと思われがちです。ですが実際は、花屋によっては1万円台で購入することができます。

花を選ぶ際は、届け先の雰囲気や、受け取る人のイメージを考えることが大切です。花のことや相手のことがよく分からない場合、花材のチョイスやデザインを花屋にお任せするのもおすすめです。好みの色やデザインなど、仕上がりの希望がある場合は商品画像の中から近いものを選ぶか、事前に伝えておきましょう。きっと、自分の希望イメージに近い祝花を贈れるはずです。

ただ、細かく注文を付けすぎるのも注意が必要です。予想外に高価になったり、花の組み合わせや全体のバランスが悪くなってしまったりするからです。

胡蝶蘭の祝花には名札と言われるプレートを付けます。この札は熨斗の代わりとなるものですので、お祝い事に蘭の花を贈る場合は付けて贈るようにしましょう。

熨斗という性質上、基本的には送り主の名前だけを書きます。しかし開店祝いでは相手のお店の名前、公演祝いなどでは出演者名と送り主名の双方を書く場合もあります。尚、相手の名前等は書かなくても失礼にはあたりません。

用途によって、名札の書き方や字の色・配置、バランスにもある程度マナーがあります。よく分からない場合は花屋に任せるのが安心でしょう。東京に花を贈るときに役立つサイトを参考にしてみて下さい。胡蝶蘭東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です